バナナな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 一人の社会人として

<<   作成日時 : 2006/08/07 22:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

理想を語るだけ、考えるだけじゃだめなんだと思う。

実際に行動してみて、体験を通じて感じることが必要ではないかと。

今の自分に足りないもの
「経験」
「強がりではない自信」

自分のためにもけじめは必要だ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
理想を語るにしろ、体験するにしろ大切なのはそれをすることの意味ではないかいな?

理想があるならそこにいくには具体的にどういうことを体験したり身につけなければならないのか、それをできるだけ効率的に自分のものにするにはどうすればよいかとかとか。

今の生活じゃなんかいけない気がする→何か新しいことをしよう!!ってのはよくわかるけどその新しいことを経験すると具体的にどういうメリットがあってどんな風に自分のためになるのかも周りの人に説明して納得させられないと。達成感だけじゃなくてね。

自分がしていることの意味を他の人が納得できるように説明できることが大人なんじゃーん。
じろ
2006/08/08 00:19
ふーむ、じろはそう考えるんだ。
まぁその考え方もアリだと思う、俺もその考え方に近かったし。

だが、もう一歩先を見る→「生活」として成立するかどうかを見ることが俺の中で大切なんじゃないかと最近思っているんですよ。
うまく言えないんだけど、自分で考えてもそれは「イメージ」でしかなくて「現実」とは微妙に違うんだってこと。
体験して初めて理解すること、納得できることがある。

物事を行なうことの根本、意味を考えることって自分を支える上で大切。
けど周りを納得させるってのは「理論」だけじゃ無理だと思う。それにプラスして「自分なりの体験」があって現実味を帯びて納得させられるんじゃない?

俺はそう思いますよ。
ばなな
2006/08/10 12:18
うーなんというかそんな先のことを話してるんじゃなくて、今たちばながしてることは実際に将来にどういう風につながるのかってこと。

休学をえらんでまでするんじゃん?その体験を終えて身につくのは休学せずにいるときよりも生活にする上でどんなふうにメリットがあるのかなと。自身は間違いなくつくと思うけどそれ以外に将来の仕事にいかせる具体的なものがまわりに説明できるくらい決めてないともったいないんじゃないかと思ったわけですよ。
じろ
2006/08/12 13:25
あー字が大量にまちがってるー
じろ
2006/08/12 13:26
あーなるほどねー
ばなな
2006/08/12 22:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
一人の社会人として バナナな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる